トイレ リフォーム 見積り

古いトイレは大損している?!家族が喜ぶ最新トイレ事情とは?

 

リショップナビ

家が古くなってくると、水回りの調子が悪くなり、

水漏れで家が傷んでしまわないかいつも心配になりますね。

 

古い洋式トイレの便座もひびが入っていて、ニオイもきついし、時々詰まったりするんで、

「ラバーカップ」(「通水カップ」)を使用して、詰まりを直していました。

 

 

同じような状況で、お困りの方って、結構多いのではないのでしょうか?

思い切ってリフォームして、快適な空間にしてしまおうか?

と、一度でも考えたことがある人、たくさんいるはずですよね。

 

 

そこで、これを読み終わった後、

リフォームをやってみようかな

と思える情報を集めました。

 

むしろやらないとかなり損してしまうという

事実にも気が付いて欲しいと思ってます。

 

 

最後までお付き合いくだされば幸いです。

リフォームでみんなが感じる不安とは?

ちょっと調べてみました。

下の図は下の図は一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会の資料です。

 

リショップナビ

 

  • 悪質な業者にあたりたくない。
  • しつこく営業されたくない。
  • 1社だけの見積もりでは不安。

 


やっぱり皆さん、いざリフォームをするとなると

不安になりますよね。

 

 

不安の理由をまとめると、

 

  • 費用が結構掛かりそう。
  • どこにお願いしたらいいかわからないし、
  • 業者を探すのが大変そう。
  • 個々の住宅事情にちゃんとやってくれるか、
  • 契約でトラブルがないか心配。
  • 費用と業者選びが不安、

 

という回答になっていますね。

 


そんな理由で、踏ん切りがつかない人も多いのではないかと思います。

 

  • 悪質な業者にあたりたくない。
  • しつこく営業されたくない。
  • 1社だけの見積もりでは不安。

 


やっぱり皆さん、いざリフォームをするとなると

不安になりますよね。

 

 

不安の理由をまとめると、

 

  • 費用が結構掛かりそう。
  • どこにお願いしたらいいかわからないし、
  • 業者を探すのが大変そう。
  • 個々の住宅事情にちゃんとやってくれるか、
  • 契約でトラブルがないか心配。
  • 費用と業者選びが不安、

 

という回答になっていますね。

 


そんな理由で、踏ん切りがつかない人も多いのではないかと思います。

 

リフォームは大ブーム!古いトイレじゃ大損する?!

最近では中古住宅の購入者が、以前よりずっと増えているようです。

 

それにともなってリフォームは今ブームで、

年々リフォームする人が増えています。

 

 

テレビ番組でも、リフォーム前、リフォーム後を見せる番組は、すごく人気がありますよね。

 


「リフォームの無料一括見積りサービス」は複数社ありますが、

まとめておきましたので、参考にしてください。

申込時間

対象エリア

公式サイト



タウンライフリフォーム

約1分 全国



リショップナビ

約3分 全国



棟梁ドットコム

約1分 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県、
愛知県・静岡県・岐阜県・長野県、
大阪府・京都府・奈良県・滋賀県・三重県

TOTOウォシュレット一体型トイレ「GG」

※出典:

タウンライフリフォーム、

リショップナビ、

棟梁ドットコム

 

人気のリフォーム箇所は、

リショップナビ

 

1位キッチン、2位トイレ、3位浴室となっています。

 

 

今は昔とは比べ物にならないくらい各メーカーの技術開発が進み、

個々の住宅事情に合わせて、安くておしゃれにリフォームができる

ようになったのが人気の理由です。

 

 

また、水回りは傷みやすいですし、

水漏れが住宅全体に影響して、

後々大変なことになるからですね。

ここでトイレのリフォームに注目してみましょう。

新しいトイレにリフォームする理由は?

 

「トイレをもっと快適な空間にしたい」

と単純に思いますよね。

でも一番の理由はほかにあるんです。
その理由とは、

「トイレは設備が古ければ、かなり損してしまっている!」

ということです。

 

それを知っていち早くリフォームしてしまいたい、と考える家主さんからの注文が人気を支えています。

もしあなたのトイレが ちょっと古いと思うのなら、

 

かなり損をしている可能性は高いです。

 

では、なぜ損をしているのでしょうか?

最新のトイレってこんなにも得なの?

リショップナビ

最新のトイレを使えばかなり得します。

 

 

昔と今の便器を比べると、

今の便器は、使う水の量が大幅に削減されています。

 

 

また、便器を掃除しなくても、

自動でお掃除する仕様が標準となりつつあるので、

洗剤や紙フキンなどの消耗品はほとんど必要ありません。

 

 

その結果、節約できたお金を10年単位で見ると、

多くの場合、リフォームの代金を回収してしまいます。

 

 

トイレを快適な空間にリフォームしてしまった方が、

いい気分になれて節約ができ、

結果としてかなり得をするのだから、

やらないのは損だなあと、気付き始めました。

 

ここで細かい数字をちょっと調べてみました

1973年ごろのトイレの流水量は平均約16リットルだったそうです。

現在は、平均4リットル程度と言われています。

 

※参考 「INAXトイレ節水化の歴史」 

https://www2.biz-lixil.com/files/user/contents/proptool_sheet/a_to13034.pdf 
をご覧いただければ、ご理解いただけると思います。

 

10数年前のトイレから最新のトイレにリフォームしたとしても、
2001年の1回の水の使用量は8リットルだから、水道の使用量で約50%節水できることになります。
現在、ご自宅で使用しているトイレがさらに前、1973年頃の商品は1回の水の使用量が16リットルだから、75%もの節水効果がトイレリフォームによって得られることになるのです。

 

洗浄力も比較にならないくらい良くなって

嫌な臭いもしない。

 

今や日本の便器は、世界が「えっ!」と驚くような進化を遂げています。

 

お財布にも優しく、エコで地球にも優しい。

 

考えれば考えるほど、リフォームした方が得!

 


いろいろと考えるうちに、リフォームしないのは損!と考えるようになりませんか?

 

では、リフォームの料金ってどのくらいかかるものなんでしょうか?

 

トイレリフォーム、料金の相場は?

トイレの便器を入れ替えるだけなら、数万円でできるものもあります。

(古い洋式便器から新しい洋式便器にリフォームの場合など)

 

ただ、トイレが古い場合は、

金額も上がりますから、やはり見積もりをしておく必要があります。

 

大半のトイレのリフォームの場合、20万円までで工事ができますが、

状況によっては、20万円以上もかかる場合もあります。

 

では、どのような詳細な見積もりを取ればよいのでしょうか?

 

トイレリフォーム、見積書の集め方

最初から有名だからという理由で、1社だけ選んでリフォームするのはお勧めできません。

 

1社だけに見積もり依頼をすると、

それが高いのか安いのか判断できません。

 

使い方はすごく簡単で、

名前、連絡先、住所、リフォームの希望を入力(全部で3分くらい)して待つだけです。

 

あとは、リショップナビの案内係からの連絡を待ってください。

 

 


この段階では、まだ直接業者とお話することはありません。

また、業者から直接電話がかかってくることもありません。

 

リショップナビの案内係があなたの要望をきちんと聞いたうえで、

適切な優良業者を紹介してくれます。

 


「ショールームのようなトイレが希望」とか、

「場所が狭いので、コンパクトな便器を入れてほしい」とか、

「この予算でやってくれるところはないか?」など、

要望があれば、全部伝えましょう。

 


その後、現地調査で業者にトイレを見てもらい、

正確な見積もりを出してもらいます。

 

それらをいくつか集めて、比較検討してください。

 

ここまでは情報収集ですから、

 


無料相談のつもりで、遠慮なくやってしまって構いません。

 

 

見積もりまで全て無料ですし、

納得いかなければ、無理に契約する必要もありません。

 

 

現地調査で見積もりに来てもらったら、

担当者と話ができるので、

対応を見て、その業者の誠実さなどもわかると思います。

 

 

見積書の出し方でも、仕事のスピード感、丁寧さ、誠実さなどが

感じられるので、やはり実際に話してみるのは大事ですね。

 

 

リフォーム金額と、契約から工事完了までの流れをつかめたら、

業者を決めましょう。

 

 

複数社の見積もりを取れば、

今回のリフォームの相場を把握できますし、

正確な料金を比較できるので、

一番安い金額で工事をしてもらうことができますよね。

 

 

また、料金の交渉ができる状況なら、

いくつか見積もりを取っておけば、

「他社ではこの金額を提示された」といえば、

有利な交渉材料になります。

 

 

ですから、最初は相場もわからないので、

最低でも2社以上の見積もりを取った方が良いです。

 

 

出来れば、4〜5社に見積もりを出してもらった方が、

より納得できるリフォームができます。

 

 

ただ、自分で業者を4〜5社に電話をして、要望を伝えて見積もりに来てもらって…

なんてやっていたら、大変すぎて、

リフォームする前に疲れてしまいますよね。

 

 

こういう時はリショップナビのような

今人気のリフォームの無料一括見積りサイトを使うと、すごく便利です。

 

リショップナビ

リフォームしたら、こんな未来がありますよ!

 

 

 


「リフォームの無料一括見積りサービス」は複数社ありますが、

まとめておきましたので、参考にしてください。

申込時間

対象エリア

公式サイト



タウンライフリフォーム

約1分 全国



リショップナビ

約3分 全国



棟梁ドットコム

約1分 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県、
愛知県・静岡県・岐阜県・長野県、
大阪府・京都府・奈良県・滋賀県・三重県

TOTOウォシュレット一体型トイレ「GG」

※出典:

タウンライフリフォーム、

リショップナビ、

棟梁ドットコム